(正直、公式ドキュメント見れば済む話です。)

https://firebase.google.com/docs/analytics/get-started

有効化する

以下の手順で有効化します。

Firebase コンソール
  > プロジェクト設定
    > 統合
      > Google Analytics
        > 有効にする
  • 紐づける Google Analytics アカウントを選択するか新規作成します。
  • 紐づけるプロパティを選択するか新規作成します。
  • 「有効化する」ボタンを押下します。

初期化方法を更新する

先の有効化ボタンを押下すると次の案内が表示されるはずです。

次に Firebase を初期化し、使用するプロダクトの SDK の利用を開始します。

// Import the functions you need from the SDKs you need
import { initializeApp } from 'firebase/app';
import { getAnalytics } from 'firebase/analytics';
// TODO: Add SDKs for Firebase products that you want to use
// https://firebase.google.com/docs/web/setup#available-libraries

// Your web app's Firebase configuration
// For Firebase JS SDK v7.20.0 and later, measurementId is optional
const firebaseConfig = {
  apiKey: '***************************************',
  authDomain: 'example-project.firebaseapp.com',
  projectId: 'example-project',
  storageBucket: 'example-project.appspot.com',
  messagingSenderId: '1234567890123',
  appId: '1:1234567890123:web:**********************',
  measurementId: 'G-**********',
};

// Initialize Firebase
const app = initializeApp(firebaseConfig);
const analytics = getAnalytics(app);

measurementId のプロパティ(G-**********)が追加されています。

上記に従って初期化する際のコードを変更しましょう。

なおこのページを閉じた後でも Google Analytics のプロパティ設定のページから measurementId が確認できます。(測定 ID という名称で表示されているはず)

ロギングする

あとは 作成された analytics インスタンスに対して処理を呼び出せばロギングされます。

import { logEvent } from 'firebase/analytics';

logEvent(analytics, 'notification_received');