公式サイト

インストール

公式ページの Installation に記載されている内容に従います。といっても以下を実行するだけ。

なお私の環境は Mac & Homebrew なので以下になります。

brew tap leoafarias/fvm
brew install fvm

上記が Standalone なインストール方法です。FVM を Pub Package としてインストールする方法もありますが、公式は Standalone を推奨しています。

インストール後は以下を実行して結果が返ってくることを確認しておきましょう。

fvm --version

設定

インストール後は公式ページの Configuration に従って設定しましょう。

エディタの設定

公式では VS Code と Android Studio に関する設定方法が説明されています。

私は VS Code を使うので、説明に従って settings.json に以下を追加します。

{
  //////////////
  // 以下を追加 //
  //////////////

  "dart.flutterSdkPath": ".fvm/flutter_sdk",
  "search.exclude": {
    "**/.fvm": true // Remove .fvm files from search
  },
  "files.watcherExclude": {
    "**/.fvm": true // Remove from file watching
  }
}

プロジェクトごとの設定

FVM を利用して実際にプロジェクトを作った際は、.gitignore に以下を追加しましょう。

.fvm/flutter_sdk

コマンド類

インストール作業は以上で終了です。

コマンドなど、その他の事項もすべて公式サイトで丁寧に説明されていますので、インストール後は一読しておくと良いでしょう。

とりあえず FVM を利用した Flutter のインストールからアンインストールまでのコマンドを記載しておきます。

# 1. インストール可能な Flutter のバージョン一覧を表示
fvm releases

# 2. 指定したバージョンの Flutter をインストールする
#    {version} には具体的な数字あるいは stable/dev/beta が入る
fvm install {version}

# 3. インストール済の Flutter のバージョン一覧を表示
$ fvm list

# 4. 指定したバージョンの Flutter をアンインストールする
fvm remove {version}

FVM を用いて新規の Flutter プロジェクトを作成する一連のコマンドは以下です。

# プロジェクトのディレクトリを作成してそこに移動
mkdir some_project
cd some_project

# プロジェクトのディレクトリにいる状態で以下を実行
fvm use {version} --force
fvm flutter create .