ローカルから SSH などで Lightsail に接続する時に使用するキーペアをインスタンス作成後に変更する時の手順です。

また、手元の秘密鍵を紛失してしまった時も同様の対応となります。

Lightsail のコンソールから GUI では実施できず、ターミナルを使用して作業する必要があります。

1. 新しい SSH key を作成する

Lightsail のアカウント設定画面にて新しい SSH key を作成します。

SSH key 生成時にダウンロードできる秘密鍵ファイル(pem)は大切に保管しましょう。

2. 秘密鍵から公開鍵を作成する

秘密鍵(pem)から公開鍵(authorized_keys)を作成します。

ローカルで以下のコマンドを実施します。

ssh-keygen -yf ********.pem > authorized_keys

なお、権限が緩すぎると怒られてエラーになった場合は以下を実施後に再試行ください。

chmod 400 ********.pem

その後、作成された authorized_keys を開いて中身をコピーします。

cat authorized_keys
ssh-rsa ***********************************************************************************
*******************************************************************************************
*******************************************************************************************
*******************************************************************************************
****************

3. Lightsail サーバの公開鍵を差し替える

Lightsail のコンソールから Connect using SSH を押下してブラウザ上で SSH 接続します。

Lightsail

接続されたターミナルで以下を実施します。

なお、authorized_keys は ~/.ssh/authorized_keys にあります。

cd .ssh/

vim authorized_keys

vim でファイルを開いたら既存の内容をすべて削除し、ローカルで生成した authorized_keys の内容で上書き更新します。

4. 接続確認する

ここまででキーペアの変更作業は完了です。最後に、変更後のキーペアで接続できることを確認します。

ローカルから接続を試します。以下は例です。

ssh -i ********.pem bitnami@12.345.678.90

以上

将来、コンソールから GUI で変更できるようになると嬉しいですね。